FC2ブログ
2015/01/21

2014

2015年ですね!っという事で2014年の振り返りを(遅い)

Bvdub ‎– I'll Only Break Your Heart


2013年のbvdubの作品で最も印象深かった作品がDarlaからリリースされたA Careful Ecstasyで、
2014年は同じくDarlaからのI'll Only Break Your Heart。2012年はSerenityでしたね!

bvdubがDarlaからリリースしたSerenity、A Careful Ecstasy、I'll Only Break Your Heartは
3部作的な側面を持つのではないかと勝手に思っています。
SerenityでLoveって、A Careful EcstasyでBroken Loveって、
I'll Only Break Your Heartでは結果傷付け合っただけだね、と呪っちゃうような。
そんな愛の一連の流れを表現しているような気がしたりしなかったり。

I'll Only Break Your Heartはヤマアラシのジレンマ的な感情と真実の愛と愛憎とが
複雑に入り乱れた終わりの物語。そんな作品なのではないのかな・・・(たぶん)

2014年のbvdubはI'll Only Break Your Heart以外にも、Brock Van Wey名義でやっとリリースされたHome、
n5mdからのA History Of Distanceに加え、自身のレーベル(Quietus復活!)から"Tanto"をリリース。

やはり2014年も凄いペース。
中でもTantoは彼の飼い猫が亡くなって、その時に溢れてきた色んな感情の赴くまま、
わずか数日で創り上げてしまったとの事。

bvdubの作品は彼の人生と夢が複雑に絡み合っているようなものが多いのだけれど、
Tantoは非常にピュアでダイレクト。(曲名からもわかるくらいに)だからこそ胸を打つものがある。


2015年にはAYからA Step In The Darkのリリースも予定されており、
A Step In The Darkのリリースを正座して待っているのが2015年の私です。

The Casket Girls ‎– True Love Kills The Fairy Tale


グラサンかけた金髪美人姉妹2人がけだるそうに歌っているのが最高。私のアイドル的存在。


Arms and Sleepers - Swim Team


アルバムとしてというよりHurry Slowlyばっかり聴いてます。
上のトレーラー好きすぎてご飯3杯いける。最初に出てくる女性の方イケメン過ぎでは。

Tallesen ‎– Stills Lit Through

水晶の周りをぐるぐる回って目が回っているような音と思いました。

Kyoka ‎– Is (Is Superpowered)


SELA. - Anniversary


SELA.、bandcampで2015年のリリースが続々登場していて、楽しみ!
http://selaone.bandcamp.com/